展示場

展示場には常時展示を行う常設展示場と、期間限定で展示されるパターンがあります。また、常設展示場においても、期間を区切って「○○特集」などと銘打ち、期間限定での展示を行うこともあります。住宅展示場は常設展示のひとつですが、中の住宅は5年に一度くらいの割合で、個別に建て替えられ新しく変わっているようです。
展示スペースとして貸し出される展示場では、芸術作品の展示会が行われたり、各社の新製品の発表が行われるなど物を展示する場として使われるのはもちろんのこと、開放的な空間であることからパーティや同窓会の会場としても利用されることがあるそうです。
展示場には借り手に対応するため、様々な設備がそなわっていることがあります。大きな会場でビジネスに使われることが多い展示場であれば、コピーやネットが使えるなどビジネスサポートが充実していたり、IT関連の催し物であれば特にコンセントの数などが重要である場合もあります。派手な演出をするためのライトや、大掛かりな舞台などを設置するのであれば搬入口の大きさも重要なポイントになります。会場によっては飲食禁止の場所もありますが、ケータリングサービスと提携していて当日の給仕を含めて展示場から手配できることもあります。慣れた会場での給仕の方が主催者側にとっても、給仕する側にとってもメリットがありそうです。
また、写真プリントサービスの提携がある展示場もあり、展示会の出席者で会の初めに写真を撮り、数時間後の閉会前にはプリントされた写真を配ることができ、後日発送する手間も省けます。展示会を開催する主催者側になると、準備物の搬入や設置、当日の人の導線やトイレの確認、展示会場で使える設備、最寄り駅からの案内、駐車場の手配など様々な細かいことを決めなくてはなりません。比較的大きな会社や複数の会社で連合で行う場合、展示会での企画やデザイン、会場運営などはイベント企画会社やプロモーション企画会社に外注するケースも多いようです。

http://www.mhall-s-co.jp/

投稿日:2015.10.15